--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月15日 (金) | Edit |
税率が20%と有利なくりっく365業者だが、
東京金融取引所に加盟しているのでスワップ金利に違いはない。

では違いはなんだろうか。
これは取引画面を見てもらうと非常によくわかるのだが、
取引システムが取引所共通のシステムの会社と、
自社開発システムの会社がある。

取引所共通システムの会社のインターフェイスは
はっきりいって、かなりシンプルである。また
情報量にも限界がある。
(それなりに軽快に動いてくれるが)

一方自社開発の独自システムをもつところは
なんといってもインターフェイスがわかりやすい。

また配色やボタン配置なども、工夫されていて
カネがかかっていることがわかる。

また手数料についてだが、片道210円という業者が多いものの
最近競争が激化しており、いろいろなキャンペーン(特に加入時)
を行っていて、格安で取引ができる。

くりっく業者については独自システムを持つ会社を必ず1社候補に
入れるようにしよう。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。