--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月17日 (日) | Edit |
さて、こんどはカードである。
カードといってもキャッシュカードではなく
クレジットカードである。

なぜクレジットカードなのか。
利点がいくつかある。

まず、カードでの支払い記録は立派な帳票になること。
それからカードを所持しているということは、
カード会社の与信を受けているということ。
つまり、ちゃんとした人間であると格付けを
受けているといえる。

そういった意味では流通系の年会費無料のカードもいいが、
年会費が必要なカードで支払いを行うことは、
税務署に非常に受けがよい。

また現金での支払いは、当事者間でいくらでも偽造(経費の水増しなど)
が可能であるが、カード払いの場合にはまず不可能である。

こういったことから、経費の支払いには可能であればカードを
使用したい。




スポンサーサイト
2010年01月17日 (日) | Edit |
さて、事業用の口座とカードを
個人用のものとわけてもつことを説明したが、
ではどのような口座がよいのだろうか。

理想を言えば、これまで使ってきた口座ではなく、
新しい口座を開設してから事業を始めることが
望ましい。

開始残高0円に対して、資金が振り込まれて、それが
支払いに充てられていればすごく透明なため。

新しく開設する口座は、以下のような条件を
満たしていることが必要である。

・税務署に説明しやすいこと。

これ以上の説明は必要ないと思うが、
外国への送金やマネーロンダリングの在らぬ疑いをかけられぬ為
日本資本の銀行がよいだろう。

特にインターネットを利用しての振込や受入れが多くなるので、
対応に優れている銀行(振込手数料が月数回まで無料など)
を中心に2つ以上作るほうがよい。

例えば、入金用と支払用(カードの引落用)とか、
アフィリエイト用とFX用とか。

ついでに資金に余裕があれば、定期預金をつくり
いざという時には口座貸越で、追加入金することも可能だ。

繰り返しになるが、万一サーバーダウンなどがあると
1箇所に全て集めた場合は、どうにもならないので
かならず複数の銀行で口座を開設するようにしたい。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。