--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年04月12日 (月) | Edit |
前回の所得税の控除のときに軽くふれたが、
今回あらためてこの給与所得控除についてみてみよう。

これは収入(いわゆる額面)から控除されるものであるが、
ほかの配偶者控除や、社会保険料控除、生命保険料控除などと異なり、
とにかく最初に引かれる控除である。

早い話が「サラリーマンやるんなら、スーツも靴も、クリーニング代も
部下上司との飲み代もかかるだろうから、それを引きましょう」
という大変ありがたい制度である。

しかもなんと、他の控除の前に最初に引かれる控除なので、
独身者であろうが、生命保険に入ってなかろうが、お構いなしでOKである。

ちなみに給与所得控除の一覧表はこんな感じ

国税庁のサイト

収入が上がるほど、この控除額も増えていく(控除率ではない)

年収1001万円の人で、230万円が経費扱いである。
これはなかなかおいしい。何より何もしなくても控除されるのである。
年収が高い人でもある程度、控除額が認められているのは
いい会社でそれなりの地位にいると、スーツも1着5000円という
訳にもいかないし、部下や後輩を飲みに連れて行くにも
何かとカネがかかるだろうという、制度である。

意外と知られていないこの控除、年末調整で
源泉徴収表を見れば必ず書いてあるので、注意してみておこう。

ちなみに青色事業専従者給与からも、この給与所得控除は
引けるので、これを利用しない手はない。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。