--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月13日 (水) | Edit |
比較サイトをいくつかまわって、大体のことは把握できた。
なにより商品(通貨ペア)が少ない分、いろいろと目移りしないですむのはいいことだ。

「お、入金キャンペーンやってるじゃん!さっそく申込み手続きを・・・」

この時点ですでにのっぴーは間違いを犯していた。

物事には始め(入口)と、途中(過程)、そして終わり(出口)がある。
この出口戦略なくしてのっぴーはFXを始めてしまった。

詳細な説明はほかのサイトやブログに山ほどあるので、そちらに譲るが
FXで稼いだカネは、次のような方法で納税しなければいけない。

・総合課税
・申告分離課税

申告分離課税は東京金融取引所のくりっく365、
そして大阪証券取引所の大証FX、
総合課税はそれ以外、の業者と覚えているといいだろう。

なぜ東京は金融取引所なのに、大阪は証券取引所なのかについては
裏がありそうだ。

FXを始める前に、自分の現在の収入と、労働形態とFXを取り巻く税制
について考えてから、トレードする人がいるだろうか。
もちろんいないだろうが、本ブログの読者はのっぴーの失敗を踏まえ
同じ轍を踏まないようにしてもらいたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。