--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月15日 (金) | Edit |
「経費」それは甘美な響き・・・

サラリーマン、特に営業職の人であれば、
接待などで経費を使うことも多いだろう。

FXの経費は、トレーダーが店頭業者でトレードをする場合、つまり
雑所得の場合の経費と、取引所業者つまりくりっく365を利用する場合の
経費とどちらも違いはない。

極めて限定的な範囲である。

しかし事業所得としてFXの所得を計上する場合、その経費の範囲は
雑所得としてのFX所得よりも大きくなる。

ではどこまでが経費になるのか?

答えは、あなた自身が一番よく知っているはず。
FXでトレードを行うのに必要なカネが、すなわち経費となる。
といっても無限に経費が認められるわけではないが、税務署と
見解がことなるときに、あなたが経費であることを主張できれば
それは経費になる。

なぜなら経費でないという解釈がなされる場合、税務署は
それが必要経費でないことを、あなたに納得させなければ
ならないからである。

税務調査が入った時の対応については、別の記事で。

ただしひとつだけアドバイスしておこう。
webサイト運営という職業であれば、計上できる経費の範囲は
FXだけに比べると、途方もなく広がることを。





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。