--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月15日 (金) | Edit |
さて、税率20%のくりっく業者への申込みは済んだ。

次の節税対策である、給与所得を事業所得に変える手続きを
行うことにする。

無論、雑所得ではほとんど認められない経費計上が
事業所得ではかなりの割合で認められるからである。

※なおFXが事業所得になるかという問題は、諸説あり
 税務署やトレーダーの形態(専業と副業)によって様々
 今でも明確な判断はできない。

しかーし、できないということは「だめではない」ということ。
FXと同じような事業形態との合わせ技で届出を出すのだ。

個人事業主の詳細については、こちらをみてもらうことにして
のっぴーの場合は「webサイトの運営とFX付随業務」という
形で税務署へ持っていった。

のっぴーは非常に字が汚いので、税務署での心象が悪くなると思い
奥さん(書道の有段者である)に清書してもらって、もっていって
もらった。

できるだけ、子供のお使いのように受け答えをするように、と
念を押して送り出す。

○○税務署でのこと
「あのー、個人事業主の開業届けを持ってきたんですけど~」
「はい」判子を正本、副本に押して、終了

正味30秒もかかっていない。
ほとんど中身も確認しなかったとのことであった。






スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。