--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月15日 (金) | Edit |
この時点でののっぴーの収入を分解すると、次のようになる。

給与所得+雑所得(店頭FX)+事業所得+雑所得(くりっく365)
            ここまでが総合課税→|これは申告分離課税

つまり給与所得と雑所得と事業所得を足したものが
総合課税の対象となり、今のっぴーが考えているのは
事業所得での経費をいかにして増やすか(つまり
税金のかかる金額=課税対象額を減らすか)である。

※雑所得のくりっく365の税率は一律20%

もちろん雑所得である店頭FXについても、必要経費は
認められているが、極めて限定されているといっても
過言ではない。

以下のあたりが、認められる範囲だろう
・インターネットサービスプロバイダー料金
・固定電話代(ADSL接続の場合)
・携帯電話代
・パソコンの購入費
・ソフトの費用
・セミナーの参加費や交通費など
・FX関連の書籍の購入費


しかーし、事業所得の場合は「事業に必要なもの」は
経費として計上できるので(グレーゾーンが存在する)
さらに追加して、以下のようなものが経費計上できる。
・接待交際費
・水道光熱費(ただし家事按分が必要)
・消耗品
・地代家賃(賃貸に住んでる人は自宅の1室が仕事場という考え)
・そのほか事業や、営業のために必要なもの

非常に範囲が広いのである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。