--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月15日 (金) | Edit |
1.近くの金融機関などで「書類頂戴!」といってもらう

2.用紙に必要事項を記入して、お金を用意
 (通帳に残高があるほうがスマートに支払える)

3.近くの金融機関で支払い


通常はこのようなプロセスとなる。
12月も押し迫ってから、所得から控除できる掛金を
しかも自分で決めて、その場で申込み(&払い込み)が
できるとは、なんとすばらしい制度であろう。

(ちなみにこの認定、金融機関の窓口で事務的に行われる)

のっぴーの場合はみ○ほ銀行の窓口で資料をもらってきて
必要事項を記入し、窓口へ提出して大体20分ほどで完了した。
しかも通帳からの引出にしてもらったので、通帳にしっかりと

出金 小規模企業共済

と記載されているのだ。

ちなみに運用利率は変動しているようだが、定期預金分ぐらいは
あるらしいのと、生命保険会社の個人年金の控除上限額などと
比較するとはるかに有利である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。