--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月15日 (金) | Edit |
伝統的資産運用として、株式投資、債権、預貯金、保険等が
あるが、どちらかというと中年から高齢者を中心を対象とした
金融商品(投資対象)であった。

一方パソコンを駆使する若い年代を中心にFX、先物取引、CFDなどが
爆発的に普及している。

そのためFXの業者は新しいものを取り入れる社風が多く、
顧客も20代から40代と、比較的年齢層が低い。

そのため、業者も顧客獲得と顧客満足の向上を目指して
いろいろなキャンペーンを行い、この業界は淘汰されていると
いってよい。

FX業者の選び方は、以下のポイントを押さえていけばいいだろう。

・手数料(今は無料の業者が多い)
・信託保全(これもほとんどの会社が信託保全に移行している)
・スワップ金利が高い
・スプレッドが狭い
・サーバーの安定性が高い
・デモ取引ができる。


あとはFX会社の比較サイトをいくつか見比べて、必ず複数
(できれば5~6社)の申込みをして、そこからメイン1社
サブ1社を選ぶといいだろう。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。