--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月19日 (火) | Edit |
さて、事業用銀行口座、通帳ときて、次は領収書である。

今まで確定申告をしたことのない人は、あまり意識していない
と思うが、領収書は「これこれいくらの経費を支払いました」
という証明書である。

よって領収書=経費の証明つまり、

収入-経費=所得の式により

所得を減らしてくれる(税金を低くしてくれる)ものである。
領収書が多ければ多いほど、税金は少なくなる。

こう考えると、領収書がおカネに見えてくるから不思議である。

この領収書、なるべく上様ではなく「フルネーム」で
名前を入れてもらうのがよい。
理由は簡単、本人が本当に使ったのかわからないため。

それから但書きはあったほうがよい。
というか、但書きではこちらの望む勘定科目(あとで説明する)
にもって行きやすいため。

レシートでも構わないが、
・感熱紙なのでだんだん文字が薄れてくる
・品目詳細が全て載ってくるので、税務署に突っ込まれる可能性
というリスクを避けると、領収書をもらうのが得策だ。

面倒でも領収書を集めるようにしよう。
そしてもらったら、その日のうちに、プライベート用と別にする
ために、クリヤファイルや、箱などにいれて、帳簿に記入
するほうが忘れなくてよい。








スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。