--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月20日 (水) | Edit |
租税公課(という勘定科目を使います:つまり税金関係)
とは事業を営む、つまり仕事をするために支払った税金
のことをいう。

ここで注意しなければいけないのは、所得税や住民税は
租税公課に入らない(経費にはならない)こと。

ではどんな内容かというと、

・額面3万円以上の領収書を発行するときにはる印紙代
・仕事で使う車の自動車税(毎年5月に払うやつです)
 ※ちなみにどんな事業でも、自動車の使用というのは
  認められていて、webサイトの運営でも必要だと主張できれば
  可能です。
 (取材、移動、運搬etc 電車やタクシー、宅配便を使うのとカネが
  でていくことに違いはないため)
・持ち家で、そこで仕事をする人は固定資産税
・個人事業税、事業所得290万円まではかからない。
 ※後で説明します。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。