--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月13日 (水) | Edit |
前に総合課税のことを簡単に書いたが、ではその中身を見て行こう。

普通の人(実家がすごい資産家で山とか土地とか株式とか持ってて、相続している人などは除く)の収入とは、給与所得(会社からサラリーマンがもらうやつ)と雑所得(今の税制ではFXの収入は何もしないとこれになる)とそれに事業所得などをあわせたものになる。

この場合の税率を見ていこう(総合課税の場合)


A課税される所得額  B税率  C控除額

  超    以下
    ~ 195万   5%       0円
 195~ 330万  10%    97.500円
 330~ 695万  20%   427.500円
 695~ 900万  23%   636.000円
 900~1800万  33%  1.536.000円
1800~       40%   2.796.000円

計算式はA×BマイナスCである。

おれの年収は500万で今年FXで500万は稼ぐ予定だから、
税金は330万!かよ!!!

↑あなたはいくつも間違えている。のっぴーも最初はそうだった。

でも学校でもこんなことは教えてくれないし、会社でも
人事や総務に聞くわけにもいかないので、
このブログで知ってほしい。

収入と所得は別物である。

ちなみに課税所得金額(各種所得控除を引いた後の金額)
わかりやすくいうと、収入から給与所得控除、社会保険料と基礎控除や
扶養控除などをひいたもの、の速算表が国税庁のサイトにあるので
利用して欲しい。
(ちなみにエンターキーをいくらたたいても、答えはでてこない
 必ずカーソルを「計算する」に合わせてクリックすること。
 まるでエラーメッセージのように税額が表示される・・・恐るべし)

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2260.htm?text1=10000000

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。