--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月20日 (水) | Edit |
福利厚生費は残業夜食代などや、常備薬、社員旅行費用
などのこと。事務所のお茶代などもこれに計上。

さらに従業員の慶弔関係支出や社宅の費用のほか、
健康維持のための、スポーツ施設の使用料や
健康診断の受診費用なども
含まれる。

ただし、個人事業主個人が使用するものは
残念ながら経費としては認められない。

これらは福利厚生費の性格上、
極めてグレーな部分が多くなるため
「個人事業主の福利厚生費はなんですか」となると「ありません」
と税務署は答えるしかない。



webサイトの運営をしているのであれば、情報提供のための
取材や接待交際が必要な 場合 が発生してくる。

その際には別の勘定科目で計上することは決して
不可能なことではない。

また個人事業主と青色専従者だけでの旅行などは
私的な支出と見られるケースがあるが、自分のwebサイトで
旅行ガイド的なコンテンツやそれに関連するアフィリエイト収入が
ある場合は、事業上必要な費用として

旅費交通費+研修費 あるいは 取材費+接待交際費

などといった方法での計上も可能である。

※個人事業主で、青色専従者以外の従業員がいない場合には
 この福利厚生費についてはトラブルがおきる可能性がある。

詳細については、税理士などに相談して欲しい。




給料賃金

ここでの従業員は「青色事業専従者」を除く社員の給与や賞与のこと。
彼氏か彼女などにアルバイト料を払うことも可能なのだ。
ただし、その場合所得税の源泉徴収を行わないといけない場合もある。
その金額は月に8万8千円以上、つまりそれ以下なら毎月の
源泉徴収は必要ない。
交友関係が広い人はこれを使うのも、経費積み増しのひとつの手だろう。

ただし給料をもらった友人は、確定申告が必要。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。