--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月22日 (金) | Edit |
さて、これまでの経費とは違い、使った金額をそのまま
経費というわけにはいかない場合がある。

これは、主に高額な出費で、一年で価値が無くならないようなもの
たとえば車やパソコンなどが当てはまり、「固定資産」として
いったん計上し、その資産の価値が減った分を減価償却費として
費用計上するというもの。

また資産の種類毎に耐用年数(大体これぐらいの期間は
売っても価値があったりするでしょう)というのが
決められていて、たとえば車の場合、新車で6年となっている。

かりに180万円の車を買った場合には

180÷6=30 

つまり、初年度は180万円の現金が車という資産にかわり
それが毎年30万円づつ価値が減っていくという考え方。

10万円を超えるものは原則として、資産に計上する。

耐用年数については、それぞれ決まっているので
国税庁のサイトなどを参照して欲しい。




雑費

これまで紹介してきた経費のなかの、どの勘定科目にも
入らないものはすべて雑費として計上する。

ただし何でもかんでも思いつくまま雑費にしたりすると
雑費の年間トータルが、他の勘定科目よりも多くなる場合がある。
この場合は、それぞれ内容を考え、妥当な科目をひとつ作って
経理処理する。

例:webサイト運営の場合、取材費、研修費、商材費など
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。