--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年01月23日 (土) | Edit |
ここでは主に国民年金と国民健康保険に焦点を当てる。

どちらも社会保険料として全額控除対象にすることが可能。


例の計算式を思い出して欲しい。

収入-経費=所得

所得-控除=課税対象額

まだ個人事業主の開業届けをだしていない人は
経費計上がかなり限定されるので(FXの場合)この
社会保険料控除をうまく節税に使いたい。

ただし年単位での操作を要するテクニックなので、
注意が必要だ。

まず満20歳以上の全ての国民に支払い義務のある
国民年金保険料。
これは滞納だけなら2年、免除の申請があれば10年は
遡及して追納することができる。

たとえばあなたが大学生であって、給与所得がない場合
あるいは親の収入が不安定で生活していけない場合など
区役所や市役所に相談すると、学生納付特例を受けることが
できる。

また若年者納付猶予制度という、プータローやフリーター
向けのこれまた保険料の納付が猶予される制度がある。

さらに無職になってしまった場合や、経済的に困窮している
場合は何歳であろうと保険料全額免除や一部免除といった
制度があるので、無理に支払う必要はない。

私たちが払い込んだ年金を湯水のように浪費していた、
年金機構の回し者が、あちこちのサイトや掲示板で
「万一の障害や死亡の場合に備えて、支払いを」
などと書き込んでいるが、保険料の免除制度は
国が定めた制度であるので、十分活用できる。

そうして貯めておいた国民年金保険料を
FXで利益がでてがっぽり税金が取られそうな年の
年末までに追納する。

これで国民年金保険料もしっかり支払い、
全額を社会保険料控除として計上し、税金を下げる
ということが可能になる。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。