--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月03日 (水) | Edit |
さて、くりっく365は申告分離課税なので
自分で1月から12月までの収支を国へ
申告して、税金を支払わねばならない。

これをやらないでいると、4億円の脱税主婦のように
派手に新聞を飾ることになってしまう。
(あそこまでいくと、それはそれでスゴイと思うが)

こちらは店頭業者(相対業者ともういう。いわゆる非くりっく)
とは違って雑所得で総合課税されないので、あちらの税率が
最高50%なのに対して、一律20%である。

のっぴーの場合は毎回取引ごとに収支を出していたので、
稼ぐ金額に対して、リアルタイムに税額がはじきだされている。

数社から年間取引報告書を集めて、費用のところに
通信費(プロバイダー料金、PC代、セミナー参加費用など)を
書くわけだが、まあ、経費といっても知れている。

一番でかいのは、取引手数料だった。

ややこしいのは、くりっくと、非くりっくの両方をやっている場合の
経費の振分けである。

これはトレードの比率(回数や金額)である程度、自分で決めて
しまうほうがよい。

のっぴーは半分ずつに按分した(ちなみに全通信費のおよそ60%を
経費に計上している)

さて、これでくりっく365の申告計算ができたわけだが・・・

首相と幹事長を見ていると、「申告を忘れていました」といいたく
なる金額だ。


※2009年度から、FX会社から支払報告書が税務署へ
 提出されているので基本的には、FXで得た収入は
 国に把握されていると思ってよい。
 必ず確定申告に、行きましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。