--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月05日 (金) | Edit |
さて、2009年なんの節税対策も考えずにのっぴーは
FXを始めた。

結果的に給与所得をあわせると(総合課税)
それはそれは、おそろしい金額の税金を払わねば
ならないことになりそうである。

しかも申告分離課税のくりっくが別にある。

わかりやすく説明すると

給与所得+雑所得+事業所得(届出後)

この3つともがプラスだったので、どえらい
税金がかかるのである。

しかし、逆に言えば何とかすることも可能なのである。

給与所得はマイナスで申告できない。
雑所得もマイナスで申告できない。

だが、事業所得はマイナスで申告できるのだ。

個人でラーメン屋を開業することを考えよう。

起業して最初の数年は、いろいろな設備投資や
広告費などの費用ががんがんかかり、売上は伸びずに
貯金でしのぐ、という事態は別におかしなことではない。

数年後に黒字転換してから、税金を支払い始めるという
ケースはおかしなことではない。

これを逆手にとるのである。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。