--年--月--日 (--) | Edit |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010年02月05日 (金) | Edit |
ではシミュレーションしてみよう。

収入の部
・webサイトの運営から年間10万円
(これは開業届けを出した以上、必ず必要
 自己アフィリエイトや楽天ポイントでも可能)

・FX収入(非くりっくとして年290万円)

収入の部、合計300万円

支出の部
・固定的経費:家賃や駐車場の按分経費
       通信費や水道光熱費など
       当然交際費や交通費も含む
 およそ月10万円として、年120万円

・小規模企業共済 年84万円

・減価償却費(ターゲットは車、300万円で1月購入
       事業用に30%として年間30万円

・青色申告特別控除 65万円

支出の部、合計299万円

トータルすると綺麗に税金がかかる部分を1万円に
抑えることができた。
(細かい部分は計算を簡略化するために省略)

この場合収入が200万円だと、99万円の赤字であるため
給与所得にかかる税金まで安くすることができる。

また収入が400万円の場合は、101万円ほどが
課税対象となるが、給与所得の上乗せとしてほぼ400万
まるまる計上される雑所得より、はるかに税制上有利である。

さらに個人事業主の場合、

青色専従者給与という

必殺技があるのだ。
(次回説明)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。